このサイトは18歳未満の方の閲覧は禁止しています。

VR+1D動画の紹介 ★★★★★オススメ

【ネタバレ】霧島さくらが弟に何度も射精させて、お姉ちゃんに2回中出しするVR動画

更新日:

今まで私はAdult festa VRの自分の好みのサンプル画像でVR動画を選んでいました。
しかし、最近ランキングから動画を選ぶようにしています。
なるほど、ランキング上位にくるVR動画はやっぱり人気が出るのは当然なのだと思いました。
今回は霧島さくらちゃんがお姉ちゃんになって弟に何度もイカせて自分もイカされるVR動画をレビューしますね。

「連続でも射精できるよね?」さくらおねぇちゃんがキンタマがからっぽになるまでイチャヌキヌキヌキ(中出し)してくれる!!


【匠】「連続でも射精できるよね?」さくらおねぇちゃんがキンタマがからっぽになるまでイチャヌキヌキヌキ(中出し)してくれる!!

動画の長さ:41分23秒

めぐみのオススメ度:5

 

今回は弟がオナニーしているところを霧島さくらちゃんが演じるお姉ちゃんに見つかってエッチなことをするVR動画でした。

弟はオナニー、フェラチオ、パイズリ、シックスナインで手コキ、騎乗位、パイズリ、正常位で1回のエッチで7回も射精しています。
霧島さくらちゃんも弟の指マンとセックスで同じくらいイッています。
お互い何回もイクというのは見ていて興奮しますね。

要望としてはシックスナインの時はA10サイクロンSAが沈黙しています。
このときはフェラチオとか手コキしてほしかったかな。

あとは霧島さくらちゃんはぽっちゃり体型でおっぱいがデカイしエロい身体でカワイイですね。
私は男兄弟ですがこういうのがファンダジーな世界なのは何となくわかります。
しかし、一度でもエロいお姉ちゃんに何回もイカされたいですね(///∇//)


【匠】「連続でも射精できるよね?」さくらおねぇちゃんがキンタマがからっぽになるまでイチャヌキヌキヌキ(中出し)してくれる!!

霧島さくらちゃんに何度もイカされて2回中出しセックスするVR動画のネタバレ

動画が始まると画面いっぱいにエロ本が映ります。
下を向くと自分のチンポをシコシコしています。
A10サイクロンSAはいきなり動きます。

するといきなりエロ本を剥ぎ取れれます。

「ねぇ!」
と、霧島さくらお姉ちゃんが現れます。
ツインテールの髪型にタンクトップでショートパンツという夏の部屋着って格好です。

お姉ちゃんは剥ぎ取ったエロ本を見ながら
「こんなの見ながら何してんの?」
「んん?なに?」

と、ニヤニヤした表情で聞いてきます。

「えーこういう子が好きなんだ」

「ダメ!隠さないでね」
「ホラ、今やってたこと、隠さないで」
「今やってたことお姉ちゃんに見せて」

「自分でシコシコしてたんでしょ?」
「見ててあげるから」

「見して?」

弟は渋々、ちんちんをシコシコし始めます。

「気持ちいいの?」
A10サイクロンSAは低速で大きく動きます。

「さっきの、エッチな本と」
「お姉ちゃん見ながらどっちがいい?イヒヒ」

「ちゃんと続けて」

と霧島さくらちゃんは弟の手に両手を合わせてシコシコします。

「いつもこうやってシてるんだ?」

「そうだ!」
「おっぱい見ながらだと、もっと興奮するかな?」

チョットだけなら見せてあげるよ?」

お姉ちゃんは水色のタンクトップを上げます。
白いブラジャーで爆乳が出てきます。

「お姉ちゃんのおっぱい柔らかいんだよ」

「もっと見たい?」

「手、止まってる」
「ダーメ」

「見せてあげるから」
「手、止めちゃダメだよ」

霧島さくらちゃんはタンクトップを着たまま白いブラジャーを外します。
ブラのストラップを腕から抜いて

「引っ張って」
弟にブラを外させます。

お姉ちゃんの大きなおっぱいを見せてもらいます。

「どう?興奮する?」
「お姉ちゃんのおっぱい

お姉ちゃんは耳元で
「触りたい?」
と、聞いてきます。

「触りたいんでしょ?」

「ほら、触っていいよ」
と、弟の手をとっておっぱいを触らせます。

「手、止めないで」

と、お姉ちゃんは弟の手を取ってシコシコ動かします。

「おっぱい触って」

弟は乳首を触ります。
するとお姉ちゃんは感じてしまいます。

「もう..」
「あ、そうだ」

「チューしたことある?」

「ないの?」
「じゃあさーお姉ちゃんとしてみようか?」

「チューしながらシコシコしたら」
「もっと気持ちよくなるよ?」

「こっち来て」

霧島さくらちゃんはキスしてきます。
お姉ちゃんは微笑んで

「どう?」

「手、止まってる」

と、さらにキスしてきます。
そして舌を出してベロチューしてきます。

「ベロ使うキスとかもいいでしょ?」
と、再びお姉ちゃんはベロチューしてきます。

「ほら、もっと動かして」

「気持ちいい?」

さらにベロチューしてきます。

「もっといっぱい気持ちよくなって」
「ほら」

と、弟のシコシコする手に加勢します。

「気持ちいいでしょ?」

「もっとよく見ててあげる」

お姉ちゃんは弟のシコシコを間近で見ます。

「もっと、早く動かさなくっていいの?」

「自分が気持ちいいようにしてごらん」

「いいんだよ?」
「気持ちよくなって」

弟は恥ずかしくなってオナニーを止めます。
パンツを履こうとして霧島さくらちゃんに阻止されます。

「ダーメ、何してんの?ほら」
と、キスしてきます。

「続けて」

「お姉ちゃん見ていっぱい気持ちよくなって」
お姉ちゃんは囁きます。

「あースゴイ」
「カワイイ顔してるね」

「ほら、もっと動かして」
「いいんでよ?気持ちよくなって」

「イッちゃうの?」
「ほら、いっぱい出して」

「あっ!」
弟はオナニーで射精します。
精液がお姉ちゃんの太ももにかかります。

「すご!」
「もう出ちゃったの?」

「手、汚れちゃったね」

「ねぇ」
「今度は舐めてあげるね」

霧島さくらちゃんはキスをします。

「すごい」
「いっぱい先っちょについてるね」

舌を伸ばして弟のチンポを舐めます。
弟は制止しようとしますが

「いいから」
弟のチンポをフェラチオします。
A10サイクロンSAはフェラチオに合わせて動きます。

「さっきから思ってたんだけどさ」
「すっごい大きいよね」

お姉ちゃんは弟のチンポを舐めます。
そして、口だけでフェラチオをします。
A10サイクロンSAは中速で大きく動きます。

お姉ちゃんは手コキをしながら
「お姉ちゃんの口の中気持ちいい?」

「もっと気持ちよくしてあげる」
再びフェラチオをします。

音を立ててバキュームフェラをします。
そしてシコシコと手コキをしてキスをします。

お姉ちゃんはチンポにツバを垂らして手をグリグリします。

「クチュクチュ言ってる」

「聞こえる?」
「こんなクチュクチュ言ってるの」

と、手コキをしながらキスしてきます。

「ダメ!止めないから」

再び口だけでフェラチオをしてきます。
弟はイキそうになったのかお姉ちゃんの腕を触ります。

「あぁー、どうしたの?」
「イッちゃいそうなの?」

「じゃあ、私のお口の中にいっぱい出していいよ」
「ほら、出して」

弟はフェラチオでイカされます。
お姉ちゃんに口内射精します。

霧島さくらちゃんは口を開けて出された精液を手に出します。

「○☓△、また出た」

弟のチンポをお掃除フェラします。
手に出した精液を口に入れます。
ごっくんと飲み干して

「飲んじゃった」

「じゃあ、次はもっと気持ちいいことしてあげるから」
「まだ出来るでしょ?」

と、キスしてきます。

「脱いで」
お姉ちゃんは弟のパンツを脱がせます。

「いいから」

再びキスをしてきて
「おっぱいで挟んであげる」

「何?隠しちゃダメ」
「ほら、こっちおいで」

「腰上げて」
「もっとコッチ来て」

お姉ちゃんは弟をひざの上に乗せます。

「自分で挟んでごらん」
「そう、もっと」

お姉ちゃんは弟のチンポを挟んでツバを垂らします。
そしてパイズリをします。

「すっごいグチョグチョ」

おっぱいでチンポを挟んで上下します。
A10サイクロンSAは小刻みに動きます。

「気持ちいい?」

「もっとおっぱい見て」

「どうしたら、もっと気持ちよくなるかな?」

「早くしてみようか?」
「ほら?」

と、パイズリの速度をメッチャ上げます。

「どう?これ?」

パイズリの速度をゆるめて

「もう2回もイッてるのに」
「まだどんどん大きくなってるよ?」

「じゃーこれは?」
「ここにこうやって」

お姉ちゃんはチンポの先を乳首にこすります。

「こうやってこするのは?」

「え?これダメなの?」
「いいでしょ?」

「気持ちいいんだよね?」
「もっとやってあげる」

「もう一回挟んであげる」
と、再びパイズリをします。

「気持ちいい?」

「じゃあ、こっちは?」
反対側の乳首でちんちんの先っぽをこすります。

「自分の手でここグリグリできる?」

「手でグリグリしてみて」
「自分で」

「どうしてほしい?」
「もう一回挟んで欲しい?」

 

「デルンデルンにしてあげる」
チンポにツバを垂らして高速でおっぱいをこすります。

「ダメ!、手、どかして」
「先っちょは?」

「おっぱいで挟んであげるから」
「根本の方自分でシコシコして」

「気持ちいい?」

「根本も先っちょもどっちも気持ちいいんだ?」

「ほら」

「もっと早くするね」

「あああ、スゴイ」
「どんどん硬くなってる」

「いつでも気持ちよくなっていいんだよ」

「もっと」

「あっ」
弟はパイズリで射精します。

「またイッちゃったの?」

「おなかの方までタレてる」

「もーすごいグチョグチョじゃん」
「すぐイッちゃうね」

「でも、まだ出来るでしょ?」
「お姉ちゃんともっといいことしよ?」

 

「もっといいことしよう」

「女の人のアソコって見たことある?」
「ないの?」

「じゃあ、お姉ちゃんが見せてあげる」

霧島さくらちゃんはショートパンツを脱ぎます。
そして、弟の股間の上に跨ります。

パンツを横にズラしてオマンコを見せてくれます。

「ほら」

お姉ちゃんはマンコをくぱぁさせて
「どう?よく見える?」

「ねぇ、触って」

「いいよ」

弟は恐る恐るお姉ちゃんのマンコに手を伸ばします。
お姉ちゃんはとたんに息を荒くします。

「どこ触るかわかる?」

お姉ちゃんは弟の指を持ってクリトリスに持っていきます。
「ここ、ここ触って。まず」

「広げて」
「もっとよく見て」

弟は両手でお姉ちゃんのマンコをくぱぁさせます。

「どうなってる?お姉ちゃんのアソコ」

「トロトロしてるでしょ?」

「ほら、もっといっぱい触って」

「あん、クチュクチュいってる」

弟は指を奥まで入れます。

「今どこに指入れたかわかる?」

「入れたでしょ?」
「もう一回入れて」

弟は奥まで指を入れます。
お姉ちゃんは思わず喘ぎ声を出します。
それで弟は指を抜きます。

「いいから」
「気持ちいいの」

「ここにおちんちん入れるんだよ」
「わかる?」

「お姉ちゃんのアソコ、すっごい締まってるでしょ?」

「もっと広げて」

「あっ、あぁ、広げ過ぎ」

「もっと指を出し入れして」
「気持ちよくして」

弟は指を出し入れします。
お姉ちゃんは指が奥に入るたび身体をビクビクさせます。

「スゴイ上手」

「すごい気持ちいいよ」
「好きにいじって」

弟は指を2本入れて指の出し入れも早くします。

「もっと、もっといじって」
弟はさらに指の出し入れを早くします。

「あぁ、そう、気持ちいい」

お姉ちゃんは弟の指マンに喘ぎ声を上げます。

「あぁ、イッちゃいそう..」

「あああぁ、イク」
「うぅ、うぅ、あぁ」

と、弟の指マンでイッてしまいます。

「ホントに初めて?」
「すごい気持ちいい」

「じゃあ、次はこっち」

お姉ちゃんはパンツを脱ぎます。

「こっちもよく見て」

「お姉ちゃんおっぱいだけじゃなくて、おしりも大きいんだよ」

とおしりを向けてシックスナインの体勢になります。
アナルもバッチリ見えますよ。
弟は後ろからくぱぁさせます。

「いっぱい広げてみ」
「何が見える?」

「おしりの穴見えるでしょ?」
「いっぱい見て」

「そう、好きなようにいっぱい触って」

「そこからもオマンコ見えるでしょ?」
「マンコ触って」

弟はお姉ちゃんのクリトリスを触ります。
お姉ちゃんは喘ぎ声を上げます。

「あぁ、そのまま」
「もっと触って」

「あぁ、すごい気持ちいい」

「また気持ちよくなっちゃう」

「あぁ、イク」
「あぁ、あぁ、はぁ、はぁ」
「お姉ちゃんまたイッちゃった」

「私だけ気持ちよくなってゴメンね」
「今度はまた気持ちよくしてあげる」

「こうしたらおっぱいも」
「自分のおちんちんがどうなってるかもわかるでしょ?」

お姉ちゃんは腰を上げて弟のチンポを手コキします。
A10サイクロンSAが再び動きます。

「すごい」
「本当に大っきいね」

お姉ちゃんは手コキしながらフェラチオをします。
弟もお姉ちゃんのクリトリスを触ります。

「触って..」

「ここも舐めてあげる」
と、お姉ちゃんはタマ舐めをします。

弟はお姉ちゃんのクリトリスを触って
お姉ちゃんは弟のチンポをシコシコします。

「2本も入っちゃった?」

「すごい」

「どお?気持ちいい?」

「さっき気持ちよくさせてくれたから」
「また私が気持ちよくさせてあげる」

「いっぱい出して」

「あああ」

「すご」

「出たとこ見えた」
「私すっごい見えてた」

お姉ちゃんは手についた精液を弟に見せて
「こんなになってる」

そして、弟のチンポをお掃除フェラします。

 

「そろそろ私ガマンできなくなってきちゃった」

霧島さくらちゃんは弟のチンポを掴んで跨ります。
「入れてもいい?」

お姉ちゃんは弟のチンポをシコシコしながら
「いいよね?」

「これだけ一緒にやったんだもん」

「入れるよ?」

お姉ちゃんは騎乗位で弟のチンポを挿入します。
A10サイクロンSAが激しく回ります。

「あぁ、気持ちいい」

「お姉ちゃんのオマンコにおちんちん入っちゃった」

「あぁ、すっごい大きい」

お姉ちゃんはまずはゆっくり腰を上下に動かします。
A10サイクロンSA中速で大きく動きます。

「お姉ちゃんのおっぱいも触って」

「乳首立ってるよ?」

「あぁ、気持ちいい」

「あぁ、すごい」

「すっごい気持ちいい」
と、耳元で囁きます。

「入ってるとこ見たい?」

お姉ちゃんは身体を後ろに倒してM字開脚します。

「見えるでしょ?」

結合部が丸見えになります。

「あぁ、ダメ」
「気持ちよすぎる」

「腰早く動かしちゃう」
霧島さくらちゃんは腰の動きを早めます。

「すごい気持ちいい」

「あぁ、イク」
「うっ、うっ、あぁ」

お姉ちゃんは身体を痙攣させてイッてしまいます。

「もうイッちゃった」
「ホント気持ちいい」

身体を起こして腰を上下に動かします。

「ねぇ、気持ちいい?」

「じゃあ、今度は後ろから」

「入ったまま回っちゃった」
背面騎乗位でのセックスになります。

弟はお姉ちゃんのおしりを掴みます。

「あぁ、気持ちいい」

「あぁ、ちょっと、ダメ!」
「腰押さえないで」

「ダメダメダメ」

「うっ、うっ、ダメ」
「あぁ、またイク」
「ああああ、ダメ」

背面騎乗位でもイッてしまいます。

「またイッちゃった」

「本当に気持ちいい」

霧島さくらちゃんは小刻みに腰を動かします。
そのたび喘ぎ声を上げます。

「ダメ、またイキそう」

「あぁ、イク」

「今度はまた私のおっぱい見ながら気持ちよくなって」
前を向いてM字開脚で腰を上下させます。

「どう?お姉ちゃんのオマンコ」

んっんっと喘ぎ声を上げます。

お姉ちゃんは腰の動きを止めてキスしてきます。
再び腰を上下してきます。

「気持ちいい?」

お姉ちゃんはパンパンと音を立てて腰を動かします。

「中に、出してもいいよ」
「特別ね」

霧島さくらちゃんはおっぱいを揺らしながら腰を動かします。

「もうイッちゃいそうなの?」

「中に、いっぱい出してほしいな」

お姉ちゃんは腰の動きを早くします。
A10サイクロンSAもそれに合わせて動きます。

お姉ちゃんは腰の動きを止めます。
「すごい、いっぱい出てる」

「ほら」

腰を上げてチンポを抜きます。
中出しされた精液が見えます。

「どう?」
「いっぱい出たね」

お姉ちゃんは中出しされた精液を確認します。

「わあ」
と、手についた精液を舐めます。

「もうおしまい?」
「まだまだいけるでしょ?」

お姉ちゃんはキスしてきます。

「もっといいことしよ?」
弟のチンポをシコシコします。

 

「まだいけるよね?」
「いける?」

「パイズリしてあげる」
「おっぱいにまた挟まれてるよ」

弟はお姉ちゃんに馬乗りになってパイズリされます。

お姉ちゃんはパイズリしつつ弟のチンポをフェラチオします。

「すっごい、また硬くなってる」

お姉ちゃんはパイズリしながら
「気持ちいい?」
と、聞いてきます。

「もっと気持ちよくなって」
「まだ出せるでしょ?」

「またイッちゃいそうなの?」
「いいよ。イクとこ見ててあげる」

「いっぱい出して」

程なく弟はパイズリで射精します。
勢いよく精液がお姉ちゃんの顔とおっぱいにかかります。

「すっごいいっぱい出たね」
顔にもかかっちゃった」

「でも、もう一回、もう一回入れてほしいな」
「今度は前から入れて」

「ここ」

そのまま正常位でセックスをします。
弟がチンポを挿入して腰を動かします。

「あぁ、気持ちいい」

「もういっぱいイッてるのに」
「スゴイ大っきい」

「あぁ、気持ちいい」

「また、イッちゃいそう」

「あぁ、イク」
「あぁ、イク、あぁイクイクイク」

「あぁ、気持ちいい」
「もっと突いて」

弟が腰を降るたびお姉ちゃんのおっぱいが揺れます。

「あぁ、すごい」
「気持ちいい」

「イッちゃいそう?」

「いいよ。もう一回中で出して」
「気持ちいい」

「うっ、うっ、あぁ」
「うっ、うっ、あっ」

「あぁ、すごいドクドク」
弟は腰を引いてチンポを抜きます。

霧島さくらちゃんはマンコに手をやって精液を取ります。

「すごい」
「まだこんないっぱい出るの?」

「ホントいっぱい出たね」

「すっごい気持ちよかった」

「あっ、でもお母さんには内緒だよ」

「兄弟なのにすっごい相性良かったね」
「またエッチしようね」

お姉ちゃんはベロチューしてきます。
何度もキスして

「大好き」
と囁いて動画が終わります。


【匠】「連続でも射精できるよね?」さくらおねぇちゃんがキンタマがからっぽになるまでイチャヌキヌキヌキ(中出し)してくれる!!

A10サイクロンSA+PLUSが再入荷しました!

 

A10ピストンSAが3月22日に発売しました。
オナニー体験談を記事にしました。

 

管理人が選ぶAdult festa VRのVR動画


 
A10サイクロンSA 体験談


A10サイクロンSA 体験談
アダルトブログランキング


-VR+1D動画の紹介, ★★★★★オススメ
-中出し, 騎乗位, パイズリ, 正常位, 霧島さくら

Copyright© 電動オナホA10サイクロンSAとU.F.O. SAを使ったらオナニー中毒になった件 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.