このサイトは18歳未満の方の閲覧は禁止しています。

VR+1D動画の紹介 ★★★★★オススメ

【ネタバレあり】クラスメイトと2人っきりでAV鑑賞!はじめて観る過激なエロシーンの連発にパンティー越しにもわかるくらいのシミができちゃった彼女は・・・VR動画

更新日:

最近、私はこのブログでAdult festa VRの新着動画の記事を書いています。
そこでチェックをしているとちょっと飽きかけていたVR動画欲がまた出てきました(笑)
今回はクラスメイトの美少女が部屋に来てエロビデオがバレてしまい、一緒に見ることに。
彼女がAVを見て興奮しだしてセックスするというVR動画をレビューします。

クラスメイトと2人っきりでAV鑑賞!はじめて観る過激なエロシーンの連発にパンティー越しにもわかるくらいのシミができちゃった彼女は・・・


クラスメイトと2人っきりでAV鑑賞!はじめて観る過激なエロシーンの連発にパンティー越しにもわかるくらいのシミができちゃった彼女は・・・

動画の長さ:1時間 22分 42秒
出演女優:-
ブランド:SOFT ON DEMAND

めぐみのオススメ度:4

 

クラスメイトと2人っきりでAV鑑賞!はじめて観る過激なエロシーンの連発にパンティー越しにもわかるくらいのシミができちゃった彼女は・・・の感想

このVR動画の主演女優はクレジットが空白です。
おそらくメジャーデビューをしていない模様ですね。
いろいろ調べたのですがわかりませんでした。
下の名前はセックスの途中でまなみと言っています。

まなみちゃんはものすごくカワイイですね。
レビューを見ると武田玲奈に似ていると評されています。
ベッドに座っている時は横顔はちょっと微妙ですが、正面から見るとものすごいカワイイです。

そして、スレンダーな体型なのにおっぱいがデカくて乳首もピンク色です。
動画の中ではAVを見ている最中は何度もパンチラして誘っています。
男が超奥手なため、まなみちゃんがキスしようと言ってきます。

動画は3本ありますが1本目と2本目の大半は二人でエロビデオを見ている場面です。
ここはリアルと言っちゃリアルですが、見てる側にすると1回見たらいいかなーって思います。
2本目の終わりくらいからキス、おっぱい揉みです。
3本目からフェラチオ、手コキ、対面座位、背面座位、正常位で中出しします。
対面座位では身体を密着させているのでまなみちゃんの顔が見えないところが多かったです。

ダイジェストでは制服半脱ぎで正常位や制服を着てのフェラチオをしてますが、実際にこのシーンはありませんでした。
この状態のセックスも見てみたかったです。

女優がものすごく可愛くてエッチシーンはとても良かったのですが、前半部分をもっとテンポ良くしたら星5だったかなー。

作品自体は星4を付けましたが
でも、このVR動画でオナニーするならパート3の動画から見ればいいので特に問題はありません。

この子はとてもカワイイ子なので今後の活躍に期待ですね!


クラスメイトと2人っきりでAV鑑賞!はじめて観る過激なエロシーンの連発にパンティー越しにもわかるくらいのシミができちゃった彼女は・・・

 

美少女のクラスメイトとAVを見て中出しセックスのネタバレ(かなり長いです)

動画が始まると左手にデカイテレビがあって右手にベッドがあります。
水の流れる音が聞こえます。

「おトイレありがとう」
と、制服姿の女子高生がやってきます。
正面の鏡の前で身なりを整えます。
前かがみになって思いっきりおしりがパンチラしています。

「なーんか」
「お部屋整ってるね」

「結構お掃除してるの?」

「男の子っぽくて好きだな」
女子高生はベッドに座ってカバンから水を出して飲みます。

「なーんか、二人っきりだと緊張するね」

 

「いつもさー」
「回りに人たくさんいるから」

 

「ねぇ、そんなに見ないでよ」
「恥ずかしいな」

と、なにやら変な間がありますね。

「ずっと、座椅子座ってるね」
「何?落ち着くの?」

と、会話が盛り上がらないです。

「ってが、お部屋入った瞬間に思ったけど」
「テレビ大っきすぎない?」

「よく映画とか見るの?}

「ふーん、趣味みたいな?」

「なーんか私も見ちゃおうかな?」
と、会話が盛り上がらないので、間を持たせるためでしょう。

「なんか探してみていい?」
女子高生はテレビしたのラックを覗きます。

四つん這いになっておしりを向けてきます。
そして、思いっきりパンチラしています。

「いっぱいあるね」

「何これ?」
と、女の子はDVDのパッケージを持っています。

「こういうの見るの?」

「髪型とか髪の色とか私そっくりなんだけど?」
と言いながら笑います。

パッケージの裏側をしげしげと見ています。

「すごいね」
「こういうの見たことなくて」

「恋人同士」

「すっごいカワイイ、この子」

「こういうのがタイプなの?」

「どうする?見てみる?」

「ホント?冗談で言ったのに」

「気になる、私もチョットだけ」

「いい?」

と、DVDをセットしてテレビのチャンネルを合わせます。

「すごいね」
「いっつもこういうの見てるの?」

「どれが再生?」

と、リモコンをいじって再生させます。
DVDは最初にAVの宣伝動画が流れます。

「これ見るの何回目?」

「3回目?」
「へぇーけっこう見るんだね?」

「なんかどうしていいかわからなくなる」

「マジックミラー」

「みんなカワイイ人たちばっかりだね?ほら?」

そしてDVDのチャプター画面になります。
「あ、こういう感じなのね?」
「普通の映画とかと一緒だね」

「オールプレイでいいの?」

「えい」

DVDの本編が始まり女優が出てきます。
「あ、カワイイ」

紗倉まなの癒らしというタイトルが出ます。

「いやらし」
「あ、なるほど」

「漢字でね、えへへへ」

「はー」
「すごいラブラブだね」

「憧れる、こういうの。でも」

「彼氏目線なんだね」
と、DVDに対して話題を出してきます。

「どういう人がタイプ?」

「うん、女の人で」

「あー優しくて明るい人か」
「ふーん」

「見た目は?」

「髪がショートヘアーが好きなんだ」
「へぇーうふふ」

「何でもない」

 

「女に人と手を繋いだことある?」

「ないの?」
と、女子高生は絶妙な質問をしてきます。

「はい、ちょっと、手繋いでみようよ?」

「んふふふ」
「んふふふふ、恥ずかしい」

「そんな見ないで」

「ねぇ、今初めて手を繋いだ?」
「うれしいな」

この発言で女の子はやる気満々ですね(笑)

 

少し間を開けて
「お休みの日って何してる?」
「インドア派?アウトドア派?」

「あーなるほどねー」

「んー私は」
「天気が良かったら外に出たいかな」

「雨の日は絶対出たくない」

「けっこうゴロゴロして、アニメ見て」
「うん、そうやって過ごしてるかな」

 

「この彼氏さんよく寝るね」
「疲れてるのかな?」

 

「ん?なに?そんな見て?」
「えへへ」

「お水飲む?」

女の子は男の正面に座って
「じゃあ、飲ませてあげる」
両手でペットボトルを持って差し出してきます。
そして水を飲ませます。

「あ、ごめん」
「ごめんごめん」

「ちょっと待ってね」
カバンからハンカチを出して股間付近を拭きます。

「間接」
「キス、しちゃったね」

女の子はゆかに座ってベッドに背中をつけます。
両手は股間付近に置きますが、男の視線に気づいて手を胸の当たりに持っていきます。

 

「よく映画とか見るならさ」
「映画とか外見に行ってもいいね」

 

「また寝てたんだね」

「すごい甘えん坊」
「カワイイ」

すると携帯電話のバイブ音が聞こえます。
「ちょっと待ってね」

「あっ、ダメだ」
と、電話に出る前にテレビをミュートします。

「ちょっとごめんね」
と、四つん這いになっておしりをこちらに向けます。
案の定思いっきりパンチラしています。

「もしもし、お母さん」

「んー夜ご飯はお家で食べる予定だよ」
と、1分ほど会話をして電話を切ります。

「ごめーん」
「お母さんからだった」

「こんなの見てるって知られたら大変だね」
女の子はリモコンを取ってミュートを解除します。

 

「あれ、さっきなんの話したっけ?」
「あ、そうそう、映画ね」
「今度ね」

女の子は足を広げてベッドに寝ます。
「腰疲れてきちゃった」
「いてててて」

 

「ちょっとキュンキュンするかも?」

ここで1本目の動画が終わります。
すでに女の子がフラグを立てまくっています。

 

2本めの動画を再生します。

「んふふふふ」
彼女はベッドに寝てエロビデオを見入っています。
DVDはまだ紗倉まなと男とイチャイチャしているシーンであまりエロくないです。

 

「いいねー、けっこうなんか理想のカップルだな私これ」

 

「そういえば夜雨らしいの?」

「うん、うん、傘は折りたたみ傘あるあから大丈夫」
「うん、ありがと」

「すごい見てる」
「私も見つめちゃおうかな?」

と、彼女がこちらを見つめてきます。
そして、ベッドから身を乗り出して近づいてきます。

「ううっ、ダメだっ」
「恥ずかしい」

「もう」
と、身体を正面を向けて脚を広げて前からパンチラします。
そして、ベッドの上で体育座りをします。
鏡を見ると思いっきりパンチラしてるのが見えます。

 

DVDでは紗倉まなと男が抱き合っていて
ギューってする効果について語ります。

そして、キスシーンになります。
彼女はポーチからリップクリームを出して唇に塗ります。

「ねぇ」
彼女はベッドを下りて床に座ります。

「あのね」

「なんか、こういうの見てたら」

「ん?」
「うん」

「んんっ、ダメだ」
「あの、キスしたいんだよね」

「ウッソ」
「フフフフ」

彼女は再びベッドで体育座りをします。

 

そして水を一口飲みます。
彼女は脚を組んだり擦ったりして落ち着きがないです。

DVDでは紗倉まなが男に服の上からおっぱいを揉まれています。
彼女が身体をこちら側に向けて思いっきりパンチラをします。

紗倉まながブラウスをめくって生おっぱいを揉まれています。

それを見て
「んふ、なんでもないよ、ウフフ」
と、笑ってごまかします。

紗倉まなが指で乳首を責められています。

「どうしたらいいかわかんなくなるね」
「えへへ」

 

DVDは佐倉まなが上になって男の身体を責めます。
彼女は黙ってモジモジしています。

こちらを見て笑います。
佐倉まなが男の乳首舐めをします。

「ヨイショ」
と、ベッドを下りて床に座ります。
スカートをめくったり手足を動かして落ち着かないです。

 

「なんか見ちゃう」

 

「さっきはごめんね」
「なんか、本当はさー」
「キスしたいんだ」

「いいかな?」

彼女は床に正座をして目をつぶって顔を近づけてきます。

「うふふふふ、無理だあ、はは」
「緊張しちゃう」

「できないよー」
「恥ずかしい」

「そんなに見ないで」
「見すぎだよーもう」

「いいかな?」
彼女は再び目を閉じて顔を近づけます。
チュッと音をさせてキスします。

「どんな、どんな味した?」
「ファーストキスなんだよね」

「もう一回していい?」

「んふふ、見すぎー」

「やだなー」
「わかった、目つぶって」

「いくよ」

彼女はもう一度キスしてきます。

「ちょっと長かったかな?」

「もっとしたい」

「いくよ」

「目つぶって」
「するね」

今度は舌を出して長時間ベロチューします。

「んふ、あはは」

「あはっ、私、変態かな?」
「なんか恥ずかしいね」

彼女は水を飲みます。

「はあ」
「なんか」
「キスって気持ちいいね」

「ん?」
「なに?」

「えっ?」

「おっぱい?」

「触ってみる?」

「うん、いいよ」
「はい」

男は片手でおっぱいを触ります。
「あんっ、んーっ、あん」

「どう?」

「えっ?」

「上、脱げばいいの?」
彼女は制服のジャケットを脱ぎます。

「は?シャツも?」
「うそ、それはちょっと恥ずかしいかな」

「わかった」
と、ブラウスのボタンを上から外してゆきます。

「そんなに見ないでよ」
ブラウスの前を開けてピンクのブラジャーが見えます。
ブラウスを脱ぎます。

「えへへ」

「ブラジャー、外す?」

「外してほしいな」
と、彼女は後ろを向きます。

「はい」

男は両手でブラジャーのホックを外しますが手間取ります。

「んふふふふ、ゆっくりでいいよ」

「外、しちゃったね」

「まだ見せられないよ恥ずかしいもん」
彼女は手ブラで胸を隠します。

「そんな急かさないでよ」

「もう、わかった」
「いくよ」

「はい」
と、手ブラを止めておっぱいを露出させます。

「触ってもいいよ」

「はい」

男はそろそろとおっぱいを触ります。

「優しいね」
両方のおっぱいを触ります。

「どう?」

「やわらかい?うふふふ」
「そうかも。んふふ」

「比べたことないけど」

「あー見て?」
「私もこれの風にできるかな?」

DVDは紗倉まなが男のチンポをフェラチオしていました。

「真似してみようかな」

「一回キスしていい?」
彼女が顔を近づけてきてパート2が終わります。

 

パート3を再生します。
キスをして

「私も見たいな」

「いいかな?」

「えいしょ」
と、男のワイシャツを脱がせます。
笑ってからズボンのチャックを開けます。

「いい?」

ズボンを下げてパンツを脱がすと勃起したチンポにビックリします。
そして、ズボンとパンツを同時に脱がせます。

「じゃー」
「真似してみるね」

と、チラッとテレビを見て

「そんなジロジロ見ないで」

「いくよ」
彼女は両手でちんちんを持ってシコシコしてから先っぽを咥えます。
A10サイクロンSAはゆっくり大きく動きます。

ちんちんから口を離してテレビを見ます。
片手を恋人繋ぎをしながらフェラチオをします。

「ちょっと、そんなにジロジロ見ないでよ」

「どう?痛くない?」

テレビを見て

「横から」
と言ってチンポの側面を舐めます。

そして咥えて首を上下に動かします。
時折こちらを見てみます。

「今どんな感じかな?」

と言いながらテレビを見て

「何始まるんだろ?」

「ちょっとー」
「集中しようかな」

「止めちゃうよ」
「何回も見てるからいいでしょ?」

「何?」
「スカート脱ぐね」

スカートのチャックを下げます。
「あんまり、見ないでね」

と、スカートを脱ぎます。

「脱いじゃうよ」

「えー何?脱がせたいの?」

「はい」
と、男が彼女のパンツを脱がせます。

「ちょっと、奪ってゆくのはダメだよ」

「だって、」

「なんか濡れてるんだもん」

「汚いよ」

「ん?触る?」

「ちょっとだけだよ?」

と、彼女はM字に脚を開きます。
男は彼女のクリトリスあたりを触ります。

「私も触る」
お互いが性器を触り合います。

「どんな感じ?」

「恥ずかしいね」

「上手だね」
「そんな感じ」

「あま...、見たいの?」

「ちょっとだよ」
と、彼女は両手でくぱぁします。

「見えたでしょ?」
「ヒクヒクしてる」

と言って笑います。

「ベッドに足ついて見せて?」

「こんな感じ?」

「もっと近くで?」

「こう?ねぇ?」
「見すぎだよ」

「もういいでしょ?」
「もう」

彼女はチンポを握って
「すごいことになってるね」
「おっきい」

「もっかい舐めるね」

彼女は音を立ててフェラチオをします。
A10サイクロンSAは中速で大きく動きます。

「こういうの見て、自分でオナニー?するのと」
「私の口の中どっちが気持ちいい?」

「ほんと?」
「うれしい」

「じゃあ、もっかいね」

「あぁー」

「なんかカッチカチ」
「すごい」

「えぇ、そんな顔してどうしたの?」

「限界?」
「ダメだよ」
「じゃあさ」

「エッチしてもいいよ」
と、耳元で囁いてきます。

そして彼女がキスをしてきます。

「でもさ、ゴムとか持ってる?」
「だよね」

「でも、大丈夫か」

「どんな感じでやってるんだろうか?」
と、彼女がビデオを再生します。

「じゃあ」
「入れちゃうよ」

まずは対面座位でセックスします。

「私も初めてだから」

「んっ、んっあぁ、大丈夫」
「思ったより痛くないかな」

「うん、そう、聞いてたよりは」

「いくよ」

彼女が抱きついてきて腰を上下に動かします。
A10サイクロンSAは腰の動きに合わせて小刻みに動きます。

「どう?うれしい」
「私も気持ちいいよ」

彼女は身体を離して制服のリボンを外します。

「すごい」

「うっ、そんなに見ないで」
と言って、身体を密着させて腰を上下に動かします。

 

彼女は腰の動きを止めてキスしてきます。

再び腰を上下に動かして身体を密着させてきます。
「私ね、あなたのことね」
「昔から好きだったんだ」

「ホント?」
「うれしい」

彼女は身体を離して腰を動かします。

「あぁ、すごい」
「おっきい」

テレビをチラッと見てキスしてきます。
キスしながら腰を上下に動かします。

彼女は身体を後ろに倒して腰を振ります。

 

再び身体を密着させて
「オナニーとこうやってエッチするのとどっちが気持ちいい?」
「エッチでしょ?」

「今日は私も気持ちいい」
「すごい」

「なんか初めての感覚」
彼女は再び身体を後ろに倒して腰を動かします。

「恥ずかしい」

「まなみ」

まなみは喘ぎ声を上げて腰を動かします。

 

まなみはおっぱいを揺らして腰を動かします。

「すごい」

「うーん、どうすればいいだろうね」

といいつつまなみは腰を大きくゆっくり動かします。
そして、抱きついて腰を小刻みに動かします。

キスをしてきて
「けっこう大変だね」

「ねね、今度は後ろから突いて」

と言いながら挿入した状態で背面座位になります。

「こうかな?」
A10サイクロンSAが中速で大きく動きます。

「これで大丈夫?」

腰を小刻みに動かします。

「どう?」

「どうかな?」

「おっぱい揉んでみて」

男にうしろからおっぱいを揉まれて腰を動かします。
A10サイクロンSAは小刻みに早く動きます。

「今度はさ、ベッド行こうか?」

「ほら」

シーンが変わってベッドにまなみが寝ています。

「次はあなたから責めて」

続いて正常位で男がチンポを挿入します。
まなみは大きく脚を広げて太ももを抱えます。
男は一定のリズムで腰を動かします。

「すごい気持ちいい」

 

「おっぱい触って」

男は片方のおっぱいを揉みます。

まなみは男に突かれながら横目でAVを見ています。

 

まなみは身体を起こして
「私達も気持ちよくなろう」

まなみがキスをしてきます。

 

まなみは男に責められて喘ぎ声を出します。

「すごい、熱い」
「なんかさっきより硬く大きくなってきた」

「一緒に」
「イこう」

「あああぁ、ヤバイ、ヤバイヤバイ」
「あっ、あっ、あっ、あっ、イク」
「あぁ、ヤバイ、なんか来る」

「イクイクイクイク」

A10サイクロンSAが高速で大きく動きます。

「ねぇ、イッちゃた?」

「私はね、イッちゃった」

男がチンポを持ってまなみが腰を浮かせてチンポを抜きます。
チンポを抜いて少しするとまなみから白い精液が出てきます。

まなみが中出しされた精液を探ります。

「見て?」
と、指に取った精液を男に見せます。

「なんか出てきた」

「チューしていい?」

まなみがキスしてきます。

「あのさー」

「私達このまま付き合っちゃおうか?」
再びキスしてきます。

もう一度キスしてまなみが笑います。

「大好き」
と耳元で囁いてまなみが微笑んで動画が終わります。


クラスメイトと2人っきりでAV鑑賞!はじめて観る過激なエロシーンの連発にパンティー越しにもわかるくらいのシミができちゃった彼女は・・・

 

A10サイクロンSA+PLUSが再入荷しました!

 

A10ピストンSAが3月22日に発売しました。
オナニー体験談を記事にしました。

 

管理人が選ぶAdult festa VRのVR動画


 
A10サイクロンSA 体験談


A10サイクロンSA 体験談
アダルトブログランキング


-VR+1D動画の紹介, ★★★★★オススメ
-中出し, 座位, 正常位, JK

Copyright© 電動オナホA10サイクロンSAとU.F.O. SAを使ったらオナニー中毒になった件 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.