このサイトは18歳未満の方の閲覧は禁止しています。

VR+1D動画の紹介 ★★★★★オススメ

VR+1D動画 JKの阿部乃みくと栄川乃亜の3P中出しセックス【ネタバレ】

投稿日:

前回のVR+1D動画レビューよりちょっと間が空きましたね。
Adult festa VRの新着動画で新しいものを仕入れたのでレビューしますね。
今回は学園もので阿部乃みくと栄川乃亜がJKに扮して放課後にエッチなことをするVR動画です。

勃起チ●ポに興味津々な思春期の女子校生に放課後呼び出されて、説教されたら、更に勃起してしまって、面白がられて襲われて生中出しSEX 阿部乃みく・栄川乃亜の感想


【匠】勃起チ●ポに興味津々な思春期の女子校生に放課後呼び出されて、説教されたら、更に勃起してしまって、面白がられて襲われて生中出しSEX 阿部乃みく・栄川乃亜

 

動画の長さ:49分30秒
出演女優:阿部乃みく 栄川乃亜
ブランド:KMP

めぐみのオススメ度:5

今回のVR動画は学園モノで阿部乃みくちゃんと栄川乃亜ちゃんとの3Pです。
阿部乃みくちゃんは男の身体に好奇心旺盛でチンポ好きです。
栄川乃亜ちゃんも一緒になって男のちんちんをつんつんしてきます。

二人して男のチンポを大きくすることを考えて
キスや手コキで刺激してきます。
すると阿部乃みくちゃんがムラムラしてきてオナニーをしだします。

さらに、男のチンポを大きくするために
おっぱいを見せてくれます。

二人で乳首をいじりながら手コキをします。

二人がかりでフェラチオをしますが
フェラチオの時間は少ないです。

ちんちんをしゃぶって興奮した阿部乃みくちゃんが
我慢できなくなり騎乗位でチンポを挿入します。
対面騎乗位と背面騎乗位で何度もイッてしまいます。

その横で栄川乃亜ちゃんが男におっぱいを揉んでもらったり
パンツの上からクリトリスを責めてもらいます。

再び、対面騎乗位になって栄川乃亜ちゃんは顔面騎乗で
オマンコドアップになってクンニをさせます。

「ねぇ、私のおしりも見たい?」
と、栄川乃亜ちゃんがおしりを向けて男がうしろから手マンをします。
阿部乃みくちゃんは貪るようにキスをしてきてイッてしまいます。

続いて栄川乃亜ちゃんとの対面座位でセックスします。
まずはキスしながらねっとり腰を動かします。
そして、腰を前後に早く動かします。

続いて背面座位に体位を変えます。
スカートをめくって入っている所を良く見せてくれます。

再び阿部乃みくちゃんと対面座位でセックスをします。
「ねぇ、このおっきいチンポすっごい好き」
と、言いながら舌を出してキスしてきます。

「いっぱいおちんちんで突き上げて」
と、喘ぎ声を出しながら腰を動かします。

そして、フィニッシュは阿部乃みくちゃんに中出しをします。
男のシャツに中出しした精液がこぼれます。

JKの阿部乃みくと栄川乃亜の3P中出しセックスの感想

以前に阿部乃みくちゃんと波木はるかちゃんとの女子高生モノの3Pを見て以来阿部乃みくちゃんが好きになりました。
今回もキャラはほとんど同じで髪型が少し違う感じでしたね。

阿部乃みくちゃんがリードをして栄川乃亜ちゃんがサポートする感じで進行します。
プレイ内包は手コキ、おっぱい揉み、オナニー、手コキ&乳首責め、フェラチオ、騎乗位、座位、中出しです。

フェラチオの時間はものすごく短いです。
ちょっと男のチンポを舐めてすぐにセックスに移行します。

阿部乃みくちゃんが男のチンポに興奮してオナニーしだす所とかエロいですね。
そして、騎乗位でも何度か腰を振りながらクリトリスに手をやっています。
栄川乃亜ちゃんとセックスしている間もうしろから見ながらオナニーしていました。
できれば、騎乗位でもっとオナニーしてイッて欲しかったですね。

栄川乃亜ちゃんも阿部乃みくちゃんとの対面座位で二人のセックスを見ながらオナニーします。
オナニーですごい喘ぎ声を上げています。
栄川乃亜ちゃんとのセックスの時間は短めなので栄川乃亜ちゃんのファンは物足りないかもしれないです。

この記事を書いている途中にムラムラきて途中で休憩したことは秘密です(笑)
阿部乃みくちゃんのJKものは安定して興奮できる内容となっています。


【匠】勃起チ●ポに興味津々な思春期の女子校生に放課後呼び出されて、説教されたら、更に勃起してしまって、面白がられて襲われて生中出しSEX 阿部乃みく・栄川乃亜

 

【ネタバレ】JKの阿部乃みくと栄川乃亜の3P中出しセックス

動画が始まると教室で授業中です。
男はエロ本を読んでいます。
ページをめくってから居眠りをした模様です。

前の席に阿部乃みくちゃんと栄川乃亜ちゃんが座っています。
栄川乃亜ちゃんが伸びをして後ろを向くと、男がエロ本を読んでいるのに気がつきます。

すかさず、阿部乃みくちゃんに知らせます。
そして、二人でクスクス笑い合います。
二人がガッツリエロ本を見て小声で話をしています。

栄川乃亜ちゃんが
「驚かそうよ」
と、囁いて

「せーの」

「わー!」
と、大きな声を出して机を叩きます。

二人は笑いあって男のリアクションを楽しんでいます。

「ねぇねぇ、放課後さ待ってて」
「話したいことあるから」

と、シーンが変わります。
すると、机がなくなっていて代わりに体育マットが敷いてあります。

「ねぇねぇ、さっき授業中に」
「こんなの見てたでしょ?」

と阿部乃みくちゃんがエロ本をパラパラめくって見ます。

「こんなの見てたの?」

「ほら、これでしょ?」
と、見ていたページを見せつけます。

「これ、お気に入りなの?」
「ずっと見てたもんね」

「気づかなかったもんね。私達」

「私達ね、これを見て」
「その...ね?」

「勃起している、チンポ見て」
「すごい、キミのチンポに興味出ちゃった」

「これ見てたら大っきくなったでしょ?」

「ねぇねぇ、それってもっと大きくなったりするの?」

阿部乃みくちゃんがエロいページを探して見せます。

「なんかさっきより大っきくなってない?」
「やっぱりこういうの見ると大っきくなるんだね」

「それ、もっと」
「いろいろ見てみたいんだけど?」

「ねぇ、だめ?」

「もっと見たいなー」
「もっと見たいなー」

「ねぇ、お願い」
「いいでしょ?」

「これ見れたのとかも秘密にしてあげるから」

と、二人は男の股間を見下ろします。

エロ本を見せてもっと大きくさせようとします。
栄川乃亜ちゃんが男の股間をちょんと触ります。
二人は大騒ぎします。

二人で男の股間をつんつん触ります。
そして、大騒ぎします。

二人ははしゃぎながらつんつん触りまくります。
A10サイクロンSAは微妙に動きます。

二人はしゃがんで股間をつんつんします。

「えーすごい硬い」

「これ喜んでるのかな?」

「これどう?いい感じ?」

二人でいじくり合います。

「ねぇねぇ、これ直接見てもいい?」

「そうだよ、見ようよ」

阿部乃みくちゃんがチャックを下ろしますが男がチャックを上げます。
この押し問答が何度か続きます。

「じゃさーちょっと一回こっちで寝てみて」
「そうだよ、寝てみなよ」

寝転がるのを渋る男に二人がかりで足を引っ掛けて転ばせます。

「ねぇ、大丈夫だった?」
「痛かった?」

「あぁ、大丈夫?」
と、阿部乃みくちゃんが股間を擦ります。

「あっ、こっちは大丈夫そう」
「ホント?」

「あ、ホントだ」

「ねぇ、勃起したらずっとこのまんまなの?」
「どうなんだろう」

二人で男のチンポをいじくります。

「ねぇねぇ、中見たいなー」

「ダメ?」
「もういいでしょ?」

「えっ、ダメなの?」

「じゃあ、見せてくれなかったら」
「ほら、これ」

「授業中にこんなの見てチンポ勃起させてたのみんなに言っちゃうよ?」
「いいの?みんなに言って?」

「はい、じゃー、手はずっとこのまんまにしていて」
「動かしちゃダメー」

「はい、それでは」

阿部乃みくちゃんがズボンのチャックを開けて
二人がかりでズボンとパンツを同時に脱がせます。

二人はフル勃起のチンポを見て大興奮します。

「触りたい」
と、栄川乃亜ちゃんが指でチンポを触ります。

二人がかりでチンポをラリーをします(笑)
ドリブルしたりつんつん触ったりします。

二人はしばらくチンポを触ったり観察をします。

「ねぇ、もっと大っきくなんないの?これ?」

「ねぇ、どうやったらなるの?」

「あっ、お姉ちゃんがね」
「なんか、キスすると大っきくなるって言ってた」

「えーホントに?」

「それじゃーキス」
「ねぇ、キスしてもいい?」
「大っきくなる?」

「じゃー試しにやってみようか?」

「じゃー私見てるね」

「見ててねちゃんと」
「いくよー」

阿部乃みくちゃんがキスをしてきます。

「あっ」
「えっ?」

「ピクってした」
「えーホントに?」

「もうちっとやってみるかな」
もう一度キスしてきます。

「うわー」
「カチカチじゃない?」

「えーホント?私も見たい」

「じゃー今度私ね」
続いて栄川乃亜ちゃんがキスしてきます。

「あーすごい、ムクってなった」
「もう一回」

「あ、スゴイ」
「ねぇ、もっとしてみて」

「じゃーいっぱいしようか」
何度もキスしてきます。

「ねぇ、まだ大っきくなる?」
「まだなるんじゃない?」

「じゃー次は舌出して」
と、阿部乃みくちゃんが舌を出してキスしてきます。

「スゴイ」
「えーなに、キス好きなの?」

「だってお姉ちゃん言ってたよ?」
「えーお姉ちゃんスゴイね」

「お姉ちゃん物知りじゃん」
「もっとしてみようか?」
栄川乃亜ちゃんがベロチューをしてきます。

「あーすごい、大っきくなってる」

「ねぇ、そんなにキスされるの好きなの?」
と、阿部乃みくちゃんが耳元囁きます。

「ねぇねぇ、手でされるの好き?」
「ずーっとビクビクしてるよ?」

「すごい、耳元で囁いたらビクビクしてる」
「好きなんだ、こういうの」

「ねぇ、どういうのが好きなの?」
「ねぇ、すっごいおちんちん勃起してるよ」

「もっと、大っきいの見たいな」

「ほら、キスしてあげる」

「ほら、いっぱい大きくしていいんだよ」

「あーすっごい」
「ずっと勃起してんじゃん」

二人で男のチンポをシコシコしています。
A10サイクロンSAは手コキに合わせてゆっくり動きます。

「いっぱいキスしよー」
阿部乃みくちゃんがチンポをシコシコ手コキをして
栄川乃亜ちゃんがキスしてきます。

「あーすっごい」

「もっと舌出して」
「いっぱい」

「えーキスされながら、ちんちんシコシコされるの好きなんだ」
「さっきからすっごいおちんちん硬いよ」

「もう、先っぽまでパンパンになってる」
「あーホントだ」

「あーすごいカチカチになった」

「そんなにキス良かったんだ」

「そんなに好きなんだ」
「こっちも触ってあげる」

「すごい硬くなってる」
「早くしてみようかな?」

「違うのかな?早いのと」
「えーでも早いほうが気持ちいいんじゃない?」

「早いほうが気持ちいいの?」
「こう?」

「ねぇ、どうされたいの?」

「こう?」

「ねぇ、ほら」
「もっとおちんちん硬くしてよ」

「でもさっきより硬くなったよ」
「わーすごい」
「さっきより熱くない?」

「うん、熱い」

「ねぇ、もしかして熱いの?」
「熱いの?」
「ほら、脱がしちゃえ」
阿部乃みくちゃんが男のシャツを脱がせます。

「ねぇ、もしかして」
「女の子みたいにここ触られたら」

と、男の乳首をいじくります。

「ほら、一緒に触ってあげようよ」
二人で乳首を触りながらちんちんをシコシコします。

「すごいよおちんちん」
「メッチャ勃起してるよ」

「ねぇ、乳首気持ちいいんだ」

「いろんなところ好きなんだね」

「ほら、もっといっぱい気持ちよくしてあげるね」

「したら大っきいちんちん見れるね」

「ねぇねぇ、これさーいっつもどうやって自分でやってるの?」

「恥ずかしいよね?」
「言えないのかな?」

「こうやって早くしてるの?」
「しこしこ」

「早いほうが気持ちいいんだね」
「早いほうが好きなのね」

「どのくらい?」
「このくらい?」

「これくらい?」

「すっごい、また硬くなってきた」

「ずっと硬いままだね」

「ねぇ、なんかさー」
「だんだんおちんちん触ってたらなんか」

「エッチな気分になってきちゃった」
「えーほんとに?」

「なってきた、ヤバイ」
阿部乃みくちゃんが自分のスカートの中に手を入れてパンツの上から触ってオナニーしだします。

「でも、確かにこんなに大っきいの見てたらなっちゃうよね」

「ねぇねぇ」
「いつもさーしてるようにしてみて」

「おちんちんシコシコしてるとこ見せて」
「こうやって動かしてるんでしょ?」

「えーすっごいエロい」
「ヤバイ、メッチャ興奮する」

「ちょっと何触ってるの?」
「えーだっていいじゃん、もうこっちこんなんなってるんだし」

「ほら、もっと動かして」

「ねぇ、ねぇ、もしかして」
「私達のとか見たらもっと興奮する?」

「ほら」
阿部乃みくちゃんが立ち上がってスカートをめくり上げます。

「こういうの」
パンツの上からオナニーします。

栄川乃亜ちゃんがスカートの上からオナニーしながら
「なんか私までなってきちゃうよ」

阿部乃みくちゃんがしゃがんでオナニーしながら
「ねぇ、ほら」
「またおちんちん大っきくなっちゃう?」

「ねぇ、もっと」
「あ、わかった」

「おっぱいも見たらもっと大っきくなるでしょ?」
「見たいの?」

「じゃー見せてあげるね」
二人はブラウスのボタンを外します。
ブラウスを開けて可愛いブラジャーを見せてくれます。

「どう?女の子のおっぱい」
「好き?」

「さっきより大っきくなった?」

阿部乃みくちゃんが男の手を取っておっぱいを触らせます。
「いいよ触って」
そして、男のチンポをシコシコしごきます。

「もっといっぱい好きなだけ触って」
「ちんちんシコシコしててあげるから」

「ほら」
「こっちも」

男は二人のおっぱいをブラジャーの上から揉みます。
「両方とも触っていいよ」

「すごい、手も暖かくて気持ちいい」
「エッチな触り方するんだね」

「おっぱい好きなの?」
「もっと見ちゃう?」

「ほら、直接見せてあげる」
二人はブラジャーをずらしておっぱいを見せてくれます。

「どう?」

「あ、またおちんちん硬くなってる」
「ホントだ」

「さっきからずっと勃起しっぱなしだよ?」

「あんっ」
「乳首触って、もう!」

阿部乃みくちゃんは再びスカートの中に手を入れてオナニーをします。

「すっごいパンパン、どんどん硬くなってるよ」

「ねぇ、我慢できない」
「これ、舐めてもいい?」

「私も舐めたい」

「じゃー一緒に舐めよう」
二人ががりで男のチンポの先っぽを舐めます。

そして、二人交互にフェラチオをします。

「この大っきくなったおちんちんさー」
「私達の中に入れたら気持ちいいのかな?」

「気持ちいいんじゃない?」

「入れてみたいね」
「入れたい」

「ね?」
「ダメ?」

「入れていい?」

「いいって顔してるよ」

「おちんちん、私のオマンコに入れていい?」
「いいでしょ?」

「いいの?やったー」

「私入ってるとこちゃんと見てる」
「えー見られるのー?はずかしい」

阿部乃みくちゃんはパンツを脱ぎます。
「それは恥ずかしいなー」
「すっごいおちんちんパンパンになってるよ」

「えー本当にいいの?」
「本当は早く入れてほしいんじゃない?」

「えー中入りたい?」

阿部乃みくちゃんが男に跨って腰を下ろします。

「わかる?ここに入るんだよ」
阿部乃みくちゃんがオナニーをしながら言います。
そして、男のチンポを持って
「入れちゃうよ?」

「ほら、よく見てて」
ちんちんの先っぽを挿入します。
腰を少しだけ上下に動かして
「すごい」
「あぁっ、あっ、あーすごい」
「押し広げてるおちんちん」

「あぁ、あぁっ、あぁ、すっごい、ねぇわかった?」
「全部入っちゃった」

「すっごい、入ってるところすごい見える」
「すっごい大っきい」

「すっごい、おなかいっぱいになっちゃうかな」
阿部乃みくちゃんはM字開脚で腰を上下に動かします。

「いっぱい入ってるとこ見えちゃうよ?」

「ねぇ」
「もっと、いっぱい」
「いっぱい私の中で感じて?」

そして、腰をグラインドさせてきます。

「もっといっぱい見たいな、入ってるとこ」

「あぁ、すっごい奥まで入ってる」
ブラウスを脱ぎます。
「あぁ、すごい」

「ねぇ、奥までズッポリ入ってるよ」
ブラジャーも外します。

「私の中気持ちいい?」

「あぁ、気持ちよさそうな顔してる」
阿部乃みくちゃんはおっぱいを揺らしながら腰を上下に動かします。

「あぁ、すっごい」

「すっごい、気持ちいい」
男は栄川乃亜ちゃんのおっぱいを触ります。

「キスしていい?」

「ほら、舌出して」

 

「おちんちんが中ですっごいゴリゴリいってる」

「ほら、もっといっぱい気持ちよくなってね」
阿部乃みくちゃんが腰を動かしながら耳元で囁きます。
A10サイクロンSAは小刻みに早く動きます。

「あぁ、すっごい、また硬くなって」

「あぁ、もうおちんちん気持ちよすぎてイッちゃいそう」

「あぁ、あぁ、あぁ、あぁっ、もうダメ、イ、イッちゃう、イク、あぁ」

「あぁ、イク、あぁっ」
「ずるい、私にもしてほしい」
と、栄川乃亜ちゃんもムラムラしてきてオナニーします。

「まだ私」

「ねぇ、私のオマンコに入れたくないの?」

「これすっごい気持ちいい」

「もっといっぱい、こすっていい?」
阿部乃みくちゃんは前後に細かく腰を動かします。
A10サイクロンSAも腰の動きに合わせて細かく動きます。

「すっごいこすれてる」
と、股間に手を当てながら言います。
男は栄川乃亜ちゃんのパンツの上からクリトリスを責めます。

「あぁ、ダメ、気持ちいい」

「ねぇ、もっとオマンコイッてもいい?」
「またイッちゃっていい?」

「イッちゃう、イッちゃう、イッちゃう」

「あぁ、イッ、あぁっ」
腰の動きを止めて舌を出してキスしてきます。

「気持ちよすぎて止まらないよぁ」
再び前後に細かく早く腰を動かします。

「ねぇ、私の中、ちゃんと気持ちいい?」

「おちんちん、いっぱい気持ちよくして」

「あぁ、すっごい」
今度は腰を上下に動かします。
おっぱいが小刻みに揺れているのがエロいです。
栄川乃亜ちゃんも男にクリトリスを責められて喘ぎ声を出します。

「あぁ、ダメ、ダメ、ダメ、これすごい」
「これすごいこすれる」

「あぁ、ダメ、もう」

「あぁ、ダメ、またオマンコイッちゃう」

「あぁ、またイクっ」

「このおちんちん凄すぎるよぉ」
「ねぇ、次、後ろからしていい?」

と言いながらキスしてきます。

「ねぇ、私に変わっていいでしょ?」
「えーダメだよ、まだ私がするんだから」
「えーダメなの?」

阿部乃みくちゃんが後ろを向いてチンポを挿入します。
「入るところちゃんと見ててね」

栄川乃亜ちゃんが結合部をガン見してニヤニヤしています。
「あーすごい」
阿部乃みくちゃんはチンポの先っぽを挿入して細かく腰を動かします。

「入ってるとこすごい見えるよ」

「ねぇ、オマンコ気持ちいいの?」

そして、腰を落として奥までチンポを挿入します。

「あぁーすごい奥まで当たってる」

「すごいいっぱい入っちゃったね」
「丸見えだよ?」

「私といっぱいキスしよ?」
栄川乃亜ちゃんがキスしてきます。

「早く私と一緒にしようよ?」

「あーずるい」

「イクイクイク」
「あぁ、イクっ」

「あぁ、すごいよ」

「ずるいよー」
「ねぇ、私のオマンコも見てくれる?」

「おちんちんが奥まで当たってる」

栄川乃亜ちゃんが目の前でオマンコをくぱぁします。
「マンコ舐めていいんだよ?」
と、目の前に持ってきます。

「いっぱい舐めて」

「すっごい、舐めて」

「おちんちん、イッちゃう、イッちゃう」
「あぁ、イク、イクぅ」

栄川乃亜ちゃんは股間を離します。
「あぁ、すっごい、グリグリしてる」

「ねぇ、私のおしりも見たい?」
と、キスしてきます。

阿部乃みくちゃんがチンポを抜いて、再び対面騎乗位になります。
「あー、んんー」
「だって、気持ちよすぎるんだもん」
「このオチンポ」

栄川乃亜ちゃんはおしりを向けます。
「何?」
「またおちんちん硬くなっちゃったの?」

「さっきよりスゴイよ?」

男が栄川乃亜ちゃんを後ろから手マンします。

「キスして?」
と、舌を出して貪るようにキスしてきます。

「あぁ、ダメ、このオチンポすっごい好き」

「もっといっぱい気持ちよくなって」

二人はチンポと手マンで喘ぎ声をあげます。

「あぁ、またイッちゃう」
「あぁ、イクイク」

「ねぇ、今度は私の番だよ」

「ねぇ、いいでしょ?」

「じゃー私ギュってしてほしいから」
「起きて」

栄川乃亜ちゃんはキスします。

「今度は私の番だよ」

「私も見てよう」
「だってずっと待ってたんだから」

「ね、いいでしょ?」
続いて栄川乃亜ちゃんと対面座位でセックスします。

「いくよ?」
A10サイクロンSAが挿入と共に大きく動きます。

「あぁ、いっぺんに奥まで入っちゃった」

「すっごい硬くなってるね」
栄川乃亜ちゃんはキスしながら腰をねっとり動かします。
A10サイクロンSAはゆっくり大きく動きます。

「ねぇ、いっぱい動かしていい?」
腰を前後に細かく動かします。

「ねぇ、オマンコの中」
「いっぱい当たってるでしょ?」

「すごい硬いのいっぱい当たってる」
栄川乃亜ちゃんはM字開脚で前後に腰を動かします。

「いっぱいキスもしたいな」
舌を出してキスしてきます。

「ねぇ、気持ちいい?オマンコ?」
と、耳元で囁いてきます。

「すっごく気持ちよさそうな顔してる」

「ほら、もっともっと動かしてあげる」
栄川乃亜ちゃんは前後に早く腰を動かします。

「あぁ、すっごい当たってる」

「ここすごい気持ちいい」

「あぁ、ダメダメ、すぐイッちゃうそうになっちゃう」

「ダーメ、まだ」
「もっといっぱい」

「こうやって回すのは?」
「気持ちいい?」

腰をグラインドさせます。

「気持ちいいんだね」
「ではいっぱいしてあげる」

「さっきよりこすれてるね、いっぱい」

「あぁ、気持ちよくていっぱい動いちゃう」

栄川乃亜ちゃんはは前後に激しく腰を動かして喘ぎ声を上げます。

「あぁ、イク、イッちゃう」

「あぁ、はぁ、はぁ、はぁ」

「あぁ、イッちゃったー」
「ねぇ、まだしていいでしょ?」

「今度は後ろから」
栄川乃亜ちゃんは後ろを向きます。

「私も入れて欲しい」
「まだダメー」

「後ろからいっちゃうよ」
続いて背面座位でセックスします。

「入ってるとこいっぱい見える?」

「いっぱい見えるでしょ?」

「ねぇ、私もキスして欲しい」
「キスして?」

阿部乃みくちゃんが舌を出してキスしてきます。

「すごい、どんどん大っきくなってる」

栄川乃亜ちゃんはスカートをまくっておしりが見えるようにします。
「ほら、おちんちんいっぱい気持ちよくなってね」

「繋がってるところ丸見えだよ?」

「いっぱい動かしてあげる」
「気持ちいいでしょ?」

「おちんちんずっと勃起しっぱなしだね」
「そんなに気持ちいいんだ」

「あぁ、気持ちいい」

「あぁ、いいなー」

「もっとイッていい?」

「ああっ、あっ、あっ、あぁ、あぁっ、あぁっ、ああっ」
「はぁ、はぁ、はぁ」
「またイッちゃったの?」

「いっぱい気持ちいい」

「ねぇー私ももう一回したい」
「ねぇーいいでしょー?」
「ねぇー私の中も入りたいよね?」

「オマンコグチュグチュで我慢できない」
「ずるいよー」
と言いつつ栄川乃亜ちゃんはチンポを抜いて交代します。

「だって、ほら、ここすごいことになってるんだよ?」
と、阿部乃みくちゃんがくぱぁして見せます。
「ねぇ、また入れちゃうよおちんちん」
「いい?」

「えーずるいよー」
「えー今してたじゃん」

「ほら、おちんちん入っちゃうよ」
「いい?」

「また入っちゃう」

「あっ、ああっ、ああん、ああん」
「またいっぱい入っちゃった」

と腰を前後に動かします。
「んー気持ちよさそう」

「また、おちんちんカッチカチになってるね」
「ねぇ、私とまたしようよ?」

「いいでしょ?」

「これ、すっごい」

「ねぇ、次」
「早く交代しようよ」
と言いつつ、栄川乃亜ちゃんはオナニーをします。

「ねぇ、このおっきいチンポすっごい好き」
と、舌を出してキスをしてきます。

「私もしたい」

「だって、今してたじゃん」
「入れたい」
「あぁ」
「あぁ、すっごい」
「あぁ、気持ちいい」

と、今度はおっぱいを揺らしながら腰を上下に激しく振ります。
A10サイクロンSAは早く細かく動きます。

「あぁ、すっごい」

「あぁ、ねぇ、もっといっぱいしてー」

「いっぱいおちんちんで突き上げて」

「私もしたいー」

「何?おちんちん我慢できないの?」

「えーダメだよー」

「私の中にいいよ」
「いっぱい、いっぱい精子だして」

「あぁ、イクーイクイクイクイク」
「あぁ、イク」

「あぁ、あぁっ」
「すっごいおちんちんドクドクいってる」

と、言いながら腰を前後に動かします。
「本当にでちゃったの?」
「だってすっごいドクドクいってるもん」

阿部乃みくちゃんが腰を上げてチンポを抜きます。

「あぁーすごい出てる」
「あっ、洋服汚しちゃった」

「出てるのすっごい見えるよ」
「ヤバイ」

「そんなに気持ちよかったの?」

「ねぇ、次は私でいいよね?」
「えーダメダメ、気持ちよかったから私もー」
と、栄川乃亜ちゃんがキスしてきます。
「えーずるいダメ」
と負けじと阿部乃みくちゃんもキスしてきます。
「えーずるいよー」
「次は私だよ?」
もう一度、栄川乃亜ちゃんがキスしてきます。

と、二人でチンポの取り合いをして動画が終わります。


【匠】勃起チ●ポに興味津々な思春期の女子校生に放課後呼び出されて、説教されたら、更に勃起してしまって、面白がられて襲われて生中出しSEX 阿部乃みく・栄川乃亜

 

A10サイクロンSA+PLUSが再入荷しました!

 

A10ピストンSAが3月22日に発売しました。
オナニー体験談を記事にしました。

 

管理人が選ぶAdult festa VRのVR動画


 
A10サイクロンSA 体験談


A10サイクロンSA 体験談
アダルトブログランキング


-VR+1D動画の紹介, ★★★★★オススメ
-オナニー, 騎乗位, 座位, 3P, 阿部乃みく, 英川乃亜, 顔面騎乗

Copyright© 電動オナホA10サイクロンSAとU.F.O. SAを使ったらオナニー中毒になった件 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.